Protect your life

注目の自転車保険

近年、自転車による交通事故が急増しています。原油の高騰や消費税の増税などで、自動車離れが加速しているのも自転車に乗る人が増えた要因とも考えられますが、自転車に乗る人のマナーなども問題視されています。 日本では本来、自転車は車道を走るのが原則となっていますが、歩道を自転車で走る人も少なくありません。 自転車による事故は自動車との接触事故が多数を占めますが、歩行者とぶつかる事故も少なくなく、その場合は自転車側が加害者となる場合が多くなっています。 しかし、自転車保険に対する認知度も低く、実際に加入している人は少ないのが現状です。 現在では自転車購入時に防犯登録が義務付けられていますが、近い将来自転車保険の加入も義務付けられることが予測されます。

自転車と歩行者の事故の場合、歩行者にケガを負わせてしまったり死亡させてしまった場合には、自転車に乗っていた方が加害者となって被害者に多額の慰謝料や損害賠償を請求されるケースが増えています。 近年では妥当な額を請求するために裁判を起こす被害者も多く、多額の慰謝料を支払うよう命じる判決が出ることも多々あります。 自転車保険に加入していれば保険で相手の賠償額を賄えますが、加入していない場合は全額自己負担となり、事故をきっかけに自己破産に追い込まれる人もいるほどです。 自転車の場合は子供が事故を起こす可能性もあり、その場合は保護者が代わりに賠償金等を支払わなければいけません。 万が一のことも頭に入れて自転車保険に加入することが大事です。